糖質オフ・ヘルシーメニュー

ラタトゥイユのレシピ | 夏の定番 糖質オフメニュー

2016年6月28日

こんにちは。
料理研究家の阪下千恵です。

東京は昨日は夏のような暑さ、そして今日は雨&半袖では肌寒い冷たい空気。
温度も湿度も毎日違いすぎて、なんだか体調を崩しそうな天気ですよね。

そんな時は、やっぱり野菜たっぷり&タンパク質もしっかりとって、のご飯が元気の素です。
生野菜がアレルギーで食べられない長女がいる我が家では、ラタトゥイユは頻度が高い野菜おかず
その時々で、ちょっとずつ野菜とか、入れる具の種類も変わります。

今日は少しだけ残っていたハムとベーコンを刻んでコクを出しました!
”ぐっ”とおいしくなる、「タイム」はできる限り入れます^^。
この時期、ベランダハーブなどでお庭にある家がうらやましい~。

こちらはブロッコリーとコーンのスクランブルエッグ。
ブロッコリー、季節の野菜ではありませんが、我が家にとっては安心して食べられる(娘がアレルギーが出ない)野菜の一つなので、ほぼ通年食べます。

試作かねて、ヘルシー系のケークサレ。
ちょこっとだけ添えて、ラタトゥイユのお供に。

後は、メインはお魚^^。

なんだかんだで野菜たっぷりになるのが家庭で作るいいところだと思います。
と、言うのも、外食は基本的には家より野菜がとりずらいメニュー構成が多い気がします。
ちょっと高級な、野菜を売りにしているレストランなど以外は、リーズナブルなお店で、野菜をたっぷりのメニューってなかなか少ない。
あったとしても、冷凍野菜が使われていたり、量が少なめだったり、油分かなり多かったり。

もちろん、おいしくて野菜たっぷりメニューのお店もあるけれど、ふらっと入って出会える確率は低いなー、って。

食べ疲れしない、選び疲れしない、そんなお家で作った料理っていいなー、って思ってます

私は栄養士でもあるので、たまに、仕事で、お医者さん、~の先生、などのダイエット理論をもとに、料理を作ったりレシピを書きおこす仕事などをすることがあります。
そういうお料理を作りながら、そして家族と試食しながら思うのは、「普通に家で出てくる料理だね~」って^^。

そう、結構家で普通に野菜たっぷり使って作っていると、自然とダイエットごはんになっているということ!
もちろん、お肉、ご飯などもバランスよく。

ちょっと疲れた日には、トマトたっぷり、野菜たっぷり!のラタトゥイユもぜひどうぞ~。
本日の分量はこちら^^。
ご参考まで

【ラタトゥイユ】
4~6人分
・トマト(生)  5個
・なす     2個
・ズッキーニ  1/2本
・パプリカ   1個
・玉ねぎ    大1個
・ベーコン(ハム) 2枚
・オリーブ油   大さじ2~3
・ブラックペッパー(粒)   8粒(なければ粉で)
・タイム(生ハーブ)    1~3枝
・塩        少々

①トマトは湯向きしてざく切りにする。

②野菜はすべて食べやすい大きさに切る。ベーコンも小さめに切る。

③鍋にオリーブ油を温め、2を加えてしっとりするまで中火で炒める。1のトマト、ハーブ、スパイスも加えて炒め、蓋をして弱火で20分程度煮る。塩で味を調える。

冷やしてもおいしい!もちろん温かいうちでも♪

★お料理教室 5月、6月、現在募集中です♪

阪下千恵のお料理教室 サウザンドキッチン(詳細はこちらから)

*予約は「クックパッド料理教室」内の予約システムになります。

(1回6800円/東京 大田区久が原)

★お仕事のご依頼は↓からお願いします^^

レシピ作成、企業販促レシピ開発、雑誌、テレビ、ラジオなど。
食に関すること、ご相談ください♪

You Might Also Like

No Comments

コメントを残す

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.