日記

料理研究家のお仕事。メニュー開発の試作は繰り返しコツコツと。

2017年5月7日

今日は、いつも担当させてもらっている、企業の商品を使ったレシピ開発と、自宅お料理教室用のメニュー、ラジオの企画のメニュー作成と、それぞれの試作をあれやこれやと行っておりました。
写真は今日の試作の「豆腐ナゲット」。日の目を見るかはまだまだ分かりません(笑)

私の仕事の重要な位置を占める、「レシピ開発」。

企画にあった料理や、限られた条件の中でいかにおいしい料理を作るか、作りやすい料理を作るか。
これが料理研究家の本領発揮のしどころだと思っております^^。

 

特に、私は「制限のあるメニュー」の開発も得意で、栄養士の知識もいかしつつ、例えば、「卵をつかわない」レシピだったり、「糖質制限」のメニューだったり、「塩分制限」だったり、その時その時で、条件が違う中でも「おいしい」を目指して作っております。
依頼してくれるのは、クライアントである企業様だったり、雑誌だったり、それぞれですが、その先にいる「作る人」にとって、本当に役に立つレシピでありたいと、それだけはいつも心に銘じているんですよ!

 

これは、この仕事を始めた時から変わっていません。

 

↑は、卵と乳製品を使っていないスコーンのようなもの。

こちらも日の目を見るかはまだまだ分かりません(笑)

 

 

「料理研究家のお仕事」って何だろう?って時々考えます。

「そもそも”研究”って何をしているの?」と、聞かれることもあります^^;。

 

「研究」という言葉が当てはまるかどうかわかりませんが、ひたすら考えて、試作を繰り返して、失敗して、でも改善するための手を尽くして、おいしいもの、作りやすいものを作っていく。
そんな感じで、みなさまの代わりに「あれこれたくさん失敗」をしておく。のが、料理研究家だと思ってます。

これは、うまくいく、これはうまくいかない・・・。という具合に。
なので、皆様の手元に届くレシピは、一番「失敗」がなく、おいしく楽しく作れるものであるように、と頑張ってます。

 

そんなわけで、最近になって、私は「料理家」ではなくて、「料理研究家」の肩書のほうがしっくりくるな~、と思うんですよね^^。

 

↓こちらはお料理教室用のデザート試作~。

これは日の目をみることが決定しました!

「糖質控えめ」な「ミックスベリーのムース」デザート♪

「糖質オフレッスン」のデザートとしてお出ししますので、お越しになる方はどうぞお楽しみに~。甘さは控えめですが、やっぱり食後はデザート食べたい!という、私のようなタイプに向けて作りました(笑)

 

色々な試作をしながら一日キッチンに立っていた、連休最後の日でした。

でも、お仕事、と趣味?!ライフワーク?!の垣根がなくなるほど、こういう時間が好きなのだと実感した連休でもありました。

さあ、また明日からおいしいお料理、作りやすいお料理を目指していっぱい試作します!

====================

★お料理教室 5月、6月、現在募集中です♪

阪下千恵のお料理教室 サウザンドキッチン(詳細はこちらから)

*予約は「クックパッド料理教室」内の予約システムになります。

(1回6800円/場所:東京都大田区久が原)

====================

★お仕事のご依頼は↓からお願いします^^

レシピ作成、企業販促レシピ開発、雑誌、テレビ、ラジオなど。
食に関すること、ご相談ください♪

You Might Also Like

No Comments

コメントを残す

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.