時短・冷凍・作りおきレシピ

いくらの醤油漬け・レシピ(すじこのほぐし方)

2017年10月6日

筋子が手に入りやすい季節がやってきました!

我が家でもいくらの醤油漬けを今季初めて仕込みました。
すじこのまま買うと、いくらの醤油漬けとして売っているものよりは、たぶんちょっとだけお買い得?かと思います。
そして、何よりたっぷり、、おいしい~~~。
この季節の贅沢です^^。

すじこのほぐし方は、いろいろな方法があるようですが、試した結果それほどほぐす水や湯の温度や塩の量に神経質にならなくても失敗しないことがわかったので、簡単な方法で気楽に作っています。
筋子初心者さんでもやりやすいと思うので、試してみてくださいね。

●すじこのほぐし方

すじこは、300g位のものを買ってきました^^。
漬けだれの量は、量によって調節してください。

①ボウルに40度くらいのぬるま湯(お風呂の温度くらい/給湯器でOK)を入れ、大さじ1~1・1/2程度の塩を入れます。
ボウルにすじこを入れ、手ですじこの膜からイクラをほぐしていきます。
いくらが割れちゃう?と、心配しなくても大丈夫です。手で膜からこするようにしてほぐしてもつぶれないのでご安心を。
また、いくらが白っぽくなり心配になりますが、これもしょうゆだれにつけると赤く戻るので大丈夫。

②外側の厚い膜からほぐれたら、一度ざるに上げるなどして水を捨てます。

③2のボウルに水を入れて、イクラを手で混ぜます。白い小さな膜が浮いてくるので、上澄みをすてます。これを5回くらい繰り返します。
最後1回塩を大さじ1程度入れてからゆすぎ、もう一度水でゆすぐと臭みがとれる気がします。(←やらなくてもOK)

③2を、たれに漬け込み、3時間~一晩冷蔵庫で冷やして味をなじませます。
*タレはあらかじめ用意しておきましょう。

●タレの作り方

①醤油 大さじ3・1/2~大さじ4、みりん 大さじ2、酒 大さじ2を合わせて沸騰させ、アルコールをとばす。

②1にだし汁大さじ2~3を加え、粗熱を取り冷ます。

*急いでいる時は、1の後、だし汁の代わりに水(又は氷)を加え、だし昆布1本を入れ、顆粒のかつおだし(無添加だし)を少々入れてもおいしくできます。

醤油の濃さなどはお好みでどうぞ^^。

たれは、筋子と一緒にセットで添付のタレがついていることもあるのですが、やっぱり自分の家で作ったたれのほうがおいしい気がしてます。
簡易版は本当に手軽なので、ぜひ試してみてくださいね。

====================

★お仕事のご依頼は↓からお願いします^^

レシピ作成、企業販促レシピ開発、雑誌、テレビ、ラジオなど。
食に関すること、ご相談ください♪

You Might Also Like

No Comments

コメントを残す

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.